仮設への引越し

(月曜日, 15 8月 2011 17:04) コメント削除 仮設への引越しが、何とか牡鹿半島はお盆に、間に合った 状況です。 被災した漁師の多くも、仮設暮らしとなります。 仮設に入ると同時に、行政支援は打ち切りです。 960億の義捐金が、いまだ行政が抱え込み・・ 被災者に、支給されていません。 漁師は、借り入れもできません・・現在収入がないから 今、収入があっても、アルバイトでしょ?と・・ お断りされます。 これでは、漁業の再生など・・・ありえない話になります。 それでも、明日への希望のために私たちは、歩みを止めるわけに いきません。 行政が、だめなら民間が私たちが、がんばります!! 今が、立ち上がるときです!! お知り合いに、飲食店経営をなさっている方が いらっしゃいましたら、当プロジェクトへご紹介 いただけますか? お知り合いに、被災地以外で大規模に漁業をやっている方 が、いましたら 当プロジェクトにご紹介いただけませんか? このつながりを、最大限に利用して!!やって見せます!! 関東支援連合、「牡鹿半島漁業再生プロジェクト」 上記以外の職種の方、あるいは個人の方でもプロジェクトに 参加いただける方は、是非是非!お問い合わせツールより ご連絡お待ちしております!