あゆかわ荘

甚大な被害をうけた鮎川地区で、高台にあり、比較的軽微な被害で済んだこの宿は

復旧活動にあたる人々やボランティアの宿泊を受け入れている。

ホイールランド越しに見える夕日が絶景

本館と新館に別れていて、客室は主に新館。

14畳12畳の広々とした和室のほか

8畳ほどの和室が2つ。2階には洋室もある。

 

チェックインチェックアウトの基本的な時間はあるものの、

予約状況によってはレイトチェックアウトなどの相談に応じてくれる。

小さな子供づれや荷物の多い滞在者にはうれしい。

 

 

浴室は新旧各1箇所。家庭サイズ(大)といった大きさだが、

清潔で気持ちがいい。

残念ながら温泉ではないので、入浴剤のサービスがあり、

釣りで冷えたから体を芯から温めることができる。

 

 

なお、主観で申し訳ないが、今まで宿泊した民宿の中で

もっとも寝やすい布団(ふかふか^^)であったと感じる。

民宿で、睡眠に満点をつけられたのはここがはじめて。(関東支援連合事務局伊藤 談)

 

 

 

釣りに、金華山やホエールウォッチングの拠点に、活用したい。

 

今回(2011/10)は朝食つきプランにし、

宿泊しない仲間とともに、ホエールランドで持参したBBQを楽しんだ。

 

廃墟となったホエールランド。

炭火を見つめながら、仲間ともに復興への熱い思いを語り合い、

見上げた満天の星空。

 

きっと子供たちにも忘れられない秋となるだろう。

【基本データ】

和室4・洋室2 

風呂      2箇所(家族風呂)

トイレ     3箇所(各男女・2階にもあり)

洗面所    風呂のほかに2箇所(2階もあり)

駐車場:最大8台 (無料)

 

<あり>

TV・コンセント・クロゼット・物干し

 

<利用可>

ドライヤー・冷蔵庫・氷

 

<なし>

バリアフリー・wifi

 

 

<その他>

朝食後コーヒーサービス

昼食手配:季節によって可(要事前相談)

 

住所:〒986-2523 宮城県石巻市鮎川浜黒崎5

電話番号:0225-45-2039  

 

なお、2011/10現在、給分から鮎川へ向かう途中の坂の上に

コンビニ「cocos」が営業を再開している。

品揃えも8割がた戻っていて、必要なものはほとんど手に入る。

しかし、集落内のわずかな平地にあった店は全壊しているので

飲酒後は買い物に出られない。予め準備を。

 

⇒2011.11仮設商店街が営業を開始。営業時間や取り扱い品目は直接ご確認ください。

大きな被害を受けた、おしかホエールランドのすぐ横。

高台に立つ。夕日がすばらしい。(撮影2011/10)