女川に船を送ろう

【2011.11.14】

 

フランスから1通のメール。

こんな船、提供するって話がありますけど・・・

 

0.99トン 長さ5.99 幅1.3 深さ0.58 登録解除不明 船外機付>

 

まさかの情報でした。

求めているものに非常に近いからです。 

 

現在詳細を確認しています。

 

【2011.10.20】

 

「三陸の幸を食べよう」でタッグを組んでいる

圭ちゃんが現物を見に行ってくれた。

 

10m程度の和船で、大きさは希望に沿っている。

ただ渕の部分が低く(用途によって違うそうだ。)

その部分の手直しとエンジンの修理が必要とのこと。

 

とりあえず譲っていただくお約束になったが、

修理の費用が高く付くようでは

私たちには支援できない。

 

お金がないので、コストがかかりすぎると

支援してあげられないのだ。

 

修理をやすーーーくでしてくれる人はもちろん探している。

 

がそれでも40万円ほど見ておいたほうがいいかもしれない。

・・・何とか、支援金集めや福光便・Tシャツ販売で資金を集めないと。。

 

(写真は参考)

【あらすじ】

 

宮城県女川市。

 

女川原発のある町です。

この町も、地震発生から役50分後、津波が襲い掛かりました。

 

この町に住み、ちょっとしたきっかけで私たちと知り合った漁師。

漁師一筋 現在73歳。
先日、肺がんと宣告された。

津波で船をながされてから体調が悪くなり、全ての気力を失ってしまった。
失業保険なんてない、漁師が生きていくには魚をとるしかない!!

残された命、限りある時間。

彼は漁師を続けたいとつぶやいた。