手作り草履のご紹介

 

 

http://www.facebook.com/daijiro.ogawa?ref=ts#!/notes/%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA/%E5%A5%B3%E5%B7%9D%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%B8%83%E8%8D%89%E5%B1%A5-%E4%B8%80%E8%88%AC%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E9%96%8B%E5%A7%8B/156352444457884

 

女川町をはじめとする漁村の女性たちが、

ボランティアの協力を得て、作った草履です。

 

おばちゃん・おばあちゃんたちが自宅で作業することができ、

1足作るごとに1000円の手間賃が入ります。

 

漁師は(そもそもの漁の種類によりますが)

震災前と比較して、収入が激減しています。

 

雪が降り始めるこの時期に、自宅や仮設で手軽にできる作業は

彼ら彼女らの生活費を補う重要な仕事になるでしょう。

 

 

コチラのページからも注文できるように準備中ですが、

リンク先サイトからお願い致します。

 

ご紹介したママサポーターズという団体の代表は、「女川に船を送ろう」で関東支援連合がサポートしている70代男性のお嬢さんです。
お嬢さんはご自分のお父さん(=70代男性)の病気や職(=船)の問題があるにもかかわらず、地域のお母さん方を助けたい一心で草履作りの運営をしています。