vol.1 給分浜

2011.11.20 給分浜コンテナ納品完了!

長かったです。

 

待っていた給分浜の安藤区長さんや安藤わたるさん、

(この辺安藤さん、多いんです。阿部さんも多いです。)

気温が下がってきて、さぞかし雪を心配していたことでしょう!

 

東京では半そででも過ごせる位の陽気だったこの日、

ずっと前からリクエストされていた番屋代わりのコンテナを

給分浜に届けることができました。

 

ご提供くださったのは千葉県銚子市のエコフードさん。

私たちのHPをご覧になり、「捨てるのありますけど・・・」とご連絡くださいました。

 

 

私の推測ですが、きっと、連絡するかしないか悩んだと思います。

だって怪しげな名前だし。。「関東支援連合」て。苦笑

全く知らない人だし。。。

 

でも結果、連絡をくださいました。

みなさんきっと、あると思うんです。躊躇みたいな、遠慮みたいな、奥ゆかしいような、歯がゆいようなこと。

でも、未曾有の大災害で(最近この言葉聞かなくなりました。)、復興までまだまだかかるし、

皆が少しずつできることをして、助け合いというか、明日はわが身というか。。

 

ちょっとだけ、勇気を出してみませんか?

「○○がありますが、役に立つかしら?」ってメールをください。

 

なお、今一番募集しているのは、昨日(11/20)の燃料代のカンパです。

結局現金って所が自分としては気に入らないのですが、。。苦笑

 

 

 

※写真準備中

 

2011.11.15

 

コンテナ1台ご提供いただきました!

千葉県銚子氏のeco food様より、ご連絡を頂いたのは13日。
早速翌日代表の小川から連絡を差し上げて、水曜日に現物を見せていただきました!

 

 

現地で「廃棄予定」とおっしゃるコンテナを拝見しましたが、

充分ですッッッ!!

 

 

写真のとおり、すばらしいコンテナでした。

 

先方のスケジュールをお伺いし、今週日曜日に運搬することとなりました。

運搬先は給分浜。

 

い間、漁具をやむなく野ざらしにし、

雪が降り始めるこの時期。

 

大変な心境だったでしょう。

 

これで、無事に漁具を保管し、軽作業は中で実施することができます。

 

 

現在、関東支援連合では、運搬にかかる費用のご支援を募集しております。

費用の概算は次の通りです。

ガソリン代:100,000円

※10tトラックで、佐野~南相馬市往復にかかったガソリン代が7万円であったことから適当に算出。

 

皆様のご支援、お待ちしております。

 

みずほ銀行 池袋支店

普通 1616786 関東支援連合(カントウシエンレンゴウ)

 

 

 

引き続き、コンテナの募集を行っております。ご協力よろしくお願い致します。

2011.10.10 前々からリクエストのあった給分浜の番屋建設。

この日、やっと現地を見に行くことができました。

 

浜(漁港)は表面がゆがんだアスファルト。地盤沈下により満潮時に50cm冠水。

区画整備の計画によって、新たに底上げした道路の建設も予定されていました。

 

道路の完成や行政からの補助金を待っていては、

拾い集めてきた漁具が盗まれたり、痛んだり、本来の仕事(漁師としての)に注力できない

と、困っていたのでした。

 

で、私たち関東支援連合は全くの非営利ボランティア団体です。

ですから、お金は全然持っていません。。さしたる専門技術も持っていません。

 

現場を視察し、関東支援連合代表小川と

ハイパー隊長ダニエルを筆頭に検討を行った結果、 、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

「建てるのは無理ですね」となりました。

 

 

 

しかし!!

「建てるのは、無理。」と思ったところで諦めないのが関東支援連合のいいところ。

「でも、つまり、高床式床と壁と屋根と、扉があればいいんですよね?」

 

たとえば、あれでもいいわけですよね。 

 

 

あれ。

 

 

 

それは、コンテナ。

 

 

これを側溝のふたで高床式にして(足を上げて)おいて設置する方向で動き出しました!

 

あと1ヶ月もしたら雪が降り始めます。

拾い集めてきた漁具を安全に、使いやすい状態で保管するために、

時間との戦いでもあります。

 

皆様のご協力をお願いいたします!!!